料理創作ユニットGoma
プロフィール
お知らせ
お仕事紹介

プロダクト
ワークショップ
アトリエでのイベント
Gomaのブログ
リンク"
メール
Goma | ゴマ
ten.gifGomaの日々のこと
<< オカダヤさん | main | ひそかに >>
| アート&展示の話 |
福岡ほうこく3/イムズ MESSAGE=chocolate

3月ですね〜。風はまだちょっと(かなり)冷たいけれど、少しづつ春が近づいているような気もします。桜まで1ヶ月ないって考えるとちょっとウキウキするな〜。

さて、福岡ほうこくその3は天神IMS地下2Fで開催した「MESSAGE=chocolate」について。IMSビルは真ん中がすっぽりと吹き抜けになっていて、まるで外国のデパートのような作り。そのおかげで天井がものすごーく高く、気持ちがいい場所となっています。ここ、地下2Fでは季節に合わせたイベントや催しを何らかの形でやっているのだとか。天神地下道に直結しているので人通りも多く、ただ休んでいる人もいたりなんだかのんびり気分の空間でした。
そんなIMS地下2Fで1月から2月の約1ヶ月間、Gomaは「MESSAGE=chocolate」という催しをプロデュース。会場をチョコレートとお菓子装飾でカラフルでにぎやかにして楽しい空間を作らせてもらいました!

入場制のギャラリーであるアルティアムとは違って、ここはたくさんの人が行き交う場所(知らないで通りすがりの人も!)。なので、誰もが見てぱっとわかりやすく、楽しめる場所、そしてここに来た人が何か参加できる場所にしたいと考えました。まずはメインのケーキのテーブル、ここではGomaデザインのハガキにメッセージを書いてもらいした。


↑ケーキにぶっ刺さってるろうそくがペン!

←ふうもお友だちにハガキを書いてました。

ガチャガチャでGomaデザインの切手を買ってもらって、チョコレートポストに投函!すると、2月14日バレンタインデー前後に大事な人にメッセージが届く、というシステムでした。パソコンや携帯電話でのメールが主流の現代、手紙を書くことって少なくなってきたけど、やっぱり直筆でメッセージが届くのってうれしいです。それがたとえ「元気?」のひと言だとしても、やっぱり直筆と電子文字って3億光年ぐらいちがうよね(ちょっと大げさ)。

バレンタインデーは今では女性が男性に愛を告白するイベントとしてありますが、それは日本だけのこと。欧米では恋人に限らず家族や大事な人に愛情や感謝を伝える行事なんだそう。今回のイベントではまさに誰もが大事な人にメッセージを伝えることができるような場所、ということをコンセプトにしていました。最も、最近は逆チョコなんてのみあるから、男女のボーダーはちょっとづつなくなり始めているかもしれないのかもしれませんねー(それはうれしいこと!)。

ケーキテーブルの背後には「chocolateになろう!」のパネルを並べました。パネルは全6種。その前でGomaの作った「お菓子な」アイテムでチョココスプレしてもらって写真などが撮れるようにしました。ここは大人気のコーナーで、作ったコスプレアイテムは1ヶ月経ったらだいぶ年季が入ってた(笑)。スタッフの話によると、子どもだけじゃなく、大人もノリノリだったようです。そう、こども心になれるスイッチって実は誰もが持ってるんですよー。

←チョコレートの王冠、ドーナツメガネ、ホットチョコレートがこぼれるハット、キャンディネックレス、、ほんとに食べられたらすてきなんだけどね。

期間中はこのパネルの前でプロのカメラマンさんが写真を撮ってくれて、なおかつそれをポストカードにしてくれるというイベントも開催しました。この時だけ「チョコまみれな自分」カードにメッセージを書ける!といううれしい催しでした。







「チョコが頭にたれてますよー!」















「チョコの王様」








そしてこちらは「2+14」個のラッピングボックスコーナー。アルティアムで選んだ10冊含む16冊の恋愛本の中に出てくる男性にあげる為のラッピングボックスを本と一緒に展示しました。




包んだのはみんな同じ形の箱。展示用なのでちょっと突飛なラッピングも少しありましたが(?)、コンセプトやイメージによっていろんなラッピングの可能性があるってことを伝えたい展示でした。もちろんVDのプレゼントを包む時にマネっこした人がいたらうれしいけど。。







ガルシア・マルケスの「コレラ時代の愛に」の主人公には恋愛小説をどっさりのせた重みのあるラッピング








江國香織/辻仁成の「冷静と情熱の間」は思いを焦がしてしまったラッピング











フィリパ・ピアスの「トムは真夜中の庭で」は真夜中の庭の葉っぱがからまったラッピング












ピート・ハミルの「愛しい女」は昔の彼にささげる最後の花束付きのラッピング









という感じで他の本も同様にラッピングボックスが並んでいたのですが、、観てくれた方どうだったんだろう??(そういえばここについてはケーキやパネルよりも地味めだからか感想を聞く機会がなかったなー笑)

アルティアムもそうですし、イムズもですが、今回本当に気持ちよくお仕事させて頂いてGomaにとっては素晴らしい時間と作品を作らせて頂くことができました。なんというか自由にのびのびと製作活動ができた気がします。そんな環境を作ってくれた多くのスタッフに感謝してます。そしてあのチョコレートワールドから早1ヶ月が経ち、イムズ、アルティアム共にまた新たな展示や催しがあるようです。なんでもイムズは15Mの巨大チャッピーをみんなで膨らませる??らしい??(詳細は>>コチラ)すごいおもしろそー。ゴマも膨らませにいきたいな〜。福岡の方はゴマの分も膨らませに行ってきて下さいねー笑

福岡ほうこくはもう少しだけ続きます!
毎回長くなってしまうけど、どーぞよろしく!




チョココスプレGomaのオフショット。→フツウに歩いてる感じが面白い。

| comments(0) |
コメント
コメントする









arc

arc