料理創作ユニットGoma
プロフィール
お知らせ
お仕事紹介

プロダクト
ワークショップ
アトリエでのイベント
Gomaのブログ
リンク"
メール
Goma | ゴマ
ten.gifGomaの日々のこと
<< プレゼント | main | 福岡報告その3/工作ワークショップの話 >>
| Goma便り |
福岡報告/キッズクッキングworkshop
 
今日は寒かったですね〜。仕事も静かにはかどる感じでした。

さて福岡報告その2はキッズクッキングワークショップ。
いつもとちがうのは、Gomaが直接子どもたちとやるんじゃなくて、内容をプロデュースするって点。何しろガススタイルは1日1万人のお客さんがくる大型イベント!その中で西部ガスが主催するキッズクッキングも参加者は3日間で500人の予想。。というわけで、いつものスタイルとは大幅にやり方が違ってたのです。

ガスを使った料理を子どもたちに挑戦してもらう、ということでゴマが提案したのは「フェイスクッキーサンド」。成形した生地をオーブンで焼き、中に挟むチョコレートのペーストもコンロで作ってもらうというWガス使い。企画はゴマのレシピややり方を元に、たくさんの子どもたちに参加してもらえるように西部ガスさんとシステムを作りました。



大事にしたのは、ただ作ってもらうのではなく、どう楽しんでもらうか?ということ。それはGomaも西部ガスさんも同じで、ラッピングの材料や顔の形を自分で選んでもらうことなど子どもたちにとって「参加した」と実感してもらえるような作りができてたと思います。

ほとんどの作業の進行は西部ガスのスタッフさんによるもの(皆さん、子どもとのやり取りもとても上手で段取りもよく素晴らしかった!)でしたが、ゴマも時々のぞかせてもらったり、時にはちょっと説明参加してもらったり、様子を見させてもらいました。

毎回思うんだけど、子どもの作るものはなんでかかわいい。。ズルい 笑









女の子には花形、
男の子には四角形が人気でした。




















さいごはラッピングまでして終了。3日間で合計600名くらいの子どもたちがワークショップに参加することができたらしいです。すごい!西部ガスのスタッフの皆さんがフルに働いてくれたおかげ!ワークショップを大勢の人と作り上げる事を初めて実感。Gomaにとってもいい経験になったなーと思います。


西部ガス、キッズクッキングブース担当の皆さん。
ほんとにお疲れさまでしたー!ありがとうございました。

| comments(1) |
コメント
わぉ!ロゴ、今でも使ってくれてるんやね、ありがじゅっぴき〜
| payase | 2011/11/14 6:56 PM |
コメントする









arc

arc