料理創作ユニットGoma
プロフィール
お知らせ
お仕事紹介

プロダクト
ワークショップ
アトリエでのイベント
Gomaのブログ
リンク"
メール
Goma | ゴマ
ten.gifGomaの日々のこと
<< 手前味噌の会 | main | そういえば >>
| くいしんぼう便り |
Aigue Vivesさんのシュトーレン

1.箱を開けました。

ここ2,3日はすっかり寒くなりましたね。
快晴続きで暖かくていいなーとゆるんだ気持ちでいたところに冬到来。
でもキリリとした空気感に気持ちが引き締まって全然悪くないです。

そんな冬の空気と共に、先日北海道・忍路のAigue Vivesさんからシュトーレンが届きました!
10月初旬、お店訪れた際にお願いしてからずっと待ち望んでいたのですが、
パッケージがめちゃめちゃかわいくて、冬の贈り物を頂いたようでしあわせな気持ちです。
箱を開けると切り絵の足の長いサンタのメッセージカード。
忍路の冬を伝えてくれる長い文章が綴られています。
ポストカード、包み紙、と全ての色合いが素敵でした。

2.取り出しました。

メッシュと包装紙を縫い合わせて作られた専用の袋がまたすばらしい〜。
きっと奥様が一つ一つ手作りされているんだろなー。じーん。













3.袋からシュトーレンを出しました。

袋からはゴツゴツとしっかりしたシュトーレンが登場。
きゃーきゃー。もはやスター誕生の瞬間です。

10月に行ったAigue Vivesさんの風景を思い出す。
小樽からちょっと離れた場所にあり、目の前には全面に広がった積丹の海があり、その小高い丘の上に佇む一軒の店。
言葉にすると、まるで物語のようなパン屋さんです。うわさには聞いていたものの、実際に伺うとそのすべてのシチュエーションに心奪われました。伺った初秋は紅葉がきれいな爽やかな景色でしたが、きっと今は厳しい雪の風景が広がっているのだろうな。真っ白い光景と、そこで心を込めてパンを焼いて包んでくれたAigue Viviesさんを思い浮かべながら、大事に食べたいと思います。(と、いいつつ既に結構食べちゃって正直クリスマスまで持つかどうか心配な現状ですけどね。。)










 

| comments(0) |
コメント
コメントする









arc

arc